2014年における放射線治療のトレンドと最新動向

category:要旨
2014.03.26

2014年における放射線治療のトレンドと最新動向
東京大学医学部附属病院放射線科 山下英臣ほか

 2014年における放射線治療機器のトレンドとしてはサイバーナイフ、トモセラピー、小型化した陽子線治療装置、加速
器によるBNCT療法などの導入が進むことが予想される。臨床での最新動向としては、国内でも様々な疾患に対して
IMRTの使用が増える(前立腺癌のPSA再発、子宮頸癌術後、直腸癌術前など)、乳癌温存術後照射の短期照射、緩和照
射における単回照射、SBRTの適応拡大などが予想される。

 It is expected that the introduction of cyber knife, TomoTherapy, downsized proton beam
treatment equipment, or BNCT therapy by accelerator machine on will advance as the trend of
radiation therapy machine in 2014. As the clinical latest trend, it is expected that (a) increased use
of IMRT for various diseases in Japan, too (PSA failure of prostate cancer, postoperative irradiation
for cervical cancer, or preoperative irradiation for rectal cancer), (b) convenient breast accelerated
radiation therapy, (c) single fraction in palliative irradiation, and (d) adaptation expansion of SBRT.

2014年4月号目次に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る