静脈狭窄によりペースメーカーリード挿入に難渋した一例

category:要旨
2013.10.01


竹内義人(京都府立医科大学附属北部医療センター放射線科)
高田博輝(京都府立医科大学附属北部医療センター循環器内科)
川人浩之(京都府立医科大学附属北部医療センター循環器内科)
木下英吾(京都府立医科大学附属北部医療センター循環器内科)
岸田 聡(京都府立医科大学附属北部医療センター循環器内科)
谷口琢也(京都府立医科大学附属北部医療センター循環器内科)

 静脈狭窄によりペースメーカーリードの挿入に難渋した一例を経験した。
 プルスルー法の使用によって手技を完遂することができた。留置物によって管腔狭窄が生じることやハードな狭窄への対応策に関して、踏まえておくべき共通の知見として報告した。

RadFan9月臨時増刊に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon1
このページの先頭へ戻る