CVポートの当院における現状とこれからのあり方について

category:要旨
2013.10.01

荒井保典(聖マリアンナ医科大学放射線医学講座)

 CVポートの需要は年々増加の一途である。このブラッドアクセスを有効に使用する一環でCTの造影剤注入ルートとして使用することが可能となってきた。当院の現状と取組み、問題点をご紹介する。

RadFan9月臨時増刊に戻る

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る