造影剤の速度可変注入による頸部から頭部のCT angiography

category:要旨
2011.04.06

杏林大学放射線科 
土屋一洋、今井昌康

要旨

頸部から頭部のCTAで350mgI/mLの造影剤の注入速度を4~2mL/秒に直線状に変化させた造影剤注入法によって、同じ平均速度で同量(75mL)の造影剤に生食フラッシュを加えた場合や100mLの造影剤のみの投与を行った場合と同等の造影能が得られ、フラッシュの省略や造影剤の減量が可能である。

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る