救急診療におけるAnyWhere検像システムの活用

category:要旨
2012.07.19

救急診療におけるAnyWhere検像システムの活用
独立行政法人国立病院機構仙台医療センター放射線科 立石 敏樹

 
 iRad-QA Anywhere検像システムは、サーバ・クライアント型とは異なり、検像操作のみを各子機検像端末に与え、画像の送受信は各親機検像端末に分散するため、従来通りシステムにかかる負荷を分散させることができる。この機能を利用し、検像業務の負担軽減と業務効率を考えたシステム構築を行った。特に、名前の間違いが生じやすい救急外来では、迅速な業務が行え医療安全の面でも貢献できるシステムである。

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る