最新モニタ事情 〜本当に使いやすいモニタ〜

category:要旨
2012.07.19

最新モニタ事情 〜本当に使いやすいモニタ〜
金沢大学医薬保健研究域保健学系 市川勝弘

 
 モニタの発展は、パネル構造など新技術よりも、高輝度や大画面化が中心となっていることから、現在は“安定成長期”であるとも考えられる。このような時期においては、ユーザ視点かつユーザ起源による新機能の提案が求められるのではないか。そのためには、モニタの階調に対する正確な理解と、真に求められる管理機能などの考案が重要である。 最新モニタについては、カラーモニタにおける色度管理基準の動向や有機ELについて紹介した。

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る